トップページ >  技術支援  > 技術サポート

技術サポート
発振線回路分析は、三つの基本的な向きを含みます。

1 .周波数許容誤差(Frequency Tolerance)の測定:

回路基板上の石英晶体が振れた後の周波数は、需要の中心周波数とは多少差があり、この回路板の周波数誤差の範囲を理解する。周波数偏誤差の計算式は以下の通りです。
周波数偏誤差=(測定周波数値→中心周波数値)/中心周波数値x 100000(算出された単位はppm)。


例:中心の周波数値が24.000MHzとなると、測定周波数値が24.000048MHz、周波数偏誤差は+2 pmとなる。異なる機能には異なる周波数許容誤差があり、通常のリアルタイム周波数(RTC)の受容値は0 ppmから+/- 10 ppmで、機能性によって許容誤差が高くなる可能性がある。発振回路の周波数偏誤差はかなり重要であり、実際に出力された周波数が周波数許容誤差が多すぎる場合は、実際の仕事では信頼性のある結果になる可能性がある。例えば、RTCの時間が速くなったり遅くなりやすくなりますし、視聴率はカラーから白黒になったり、通信システムが同期できなくなったりすることがあります。


2. 駆動電力(Driver Level):

駆動電力は、石英晶体ユニットの消費電力を指し、その単位はマイクロワール(μW)であり、石英晶体の電流を測定して、その消費電力を求めることができる。電力測定値は、結晶部品の規格上で定義された最大値より小さいものであり、その計算式は、P(uW)=I ^ 2 x Re 1つの発振線を設計上に適切な電力を提供しなければならない。この電力は小さいほど良くなるべきで、さらに省電力のほかにも、線路の安定性と石英晶体の寿命と関係がある。振動路線は高すぎる駆動電力を提供すれば、石英晶体の非線形特性の変化、そして石英/電極/続いて材料のインターフェースの悪化をもたらし、さらに振動周波数と等効抵抗の過剰な変化をもたらす。石英晶体の長時間が高すぎる駆動電力の下で働くと、不安定な現象が現れる。32.768 kHzの石英晶体ユニットにとって、駆動電力が大きくなると、内部の音頭型結晶の断裂が生じる可能性があり、メディアレベルのAT型結晶にとっては、ジャンプ現象が発生する可能性があり、石英晶体の寿命と信頼性に影響を及ぼす可能性がある。


3. マイナスインピーダンス:-R

マイナス性インピーダンスラインの再生余裕状況、つまりこの路線の健康度、すなわち石英晶体は駆動下に容認しにくい。マイナスインピーダンスは、実際に発生した抵抗値ではなく、石英晶体の横にある抵抗(RS)を加えたもので、シミュレーション石英晶体の内部のESRが大きくなると、発振線全体が正常に振る舞うのではないか。マイナスインピーダンスの測定値が大きければ大きいほどいい。これは、この発振線が容易に振るわれやすくなり、マイナスインピーダンス値が不足している場合には、発振線が遅くなることがあり、不振につながる可能性もある。マイナスインピーダンスの判断基本値は、石英晶体最大のESR値の3~5倍である。


結晶発振回路
技術支援
私たちに連絡する
Contact us
人力資源
Human resources
© 2018合肥晶威特電子有限責任会社 著作権のすべての 安徽ICP準備:0500376号    | についてJWT | 製品情報 | 技術支援 | 品質保証 | 人力資源 | 私たちに連絡する